剣 と 寒 紅
關於部落格
華麗的一刀,帶來被拒絕的思念,請不要說出口,過於虛偽的紅,才是禁忌......
  • 64759

    累積人氣

  • 17

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

テルーの唄

テルーの唄
作詞:手嶌葵 作曲:宮崎吾朗
 
夕闇(せま)る雲の上
いつも一羽で飛んでいる
鷹はきっと悲しかろう
音も途絶えた風の中
空を掴んだその翼
休めることはできなくて
心を何にたとえよう
鷹のようなこの心
心を何にたとえよう
空を舞うよな悲しさを
雨のそぼ降る岩陰に
いつも小さく咲いている
花はきっと切なかろう
色も霞んだ雨の中
薄桃色の花びらを
愛でてくれる手もなくて
心を何にたとえよう
花のようなこの心
心を何にたとえよう
雨に打たれる切なさを
人影絶えた野の道を
私とともに歩んでる
あなたもきっと寂しかろう
虫の囁く草原を
ともに道行く人だけど
絶えて物言うこともなく
心を何にたとえよう
一人道行くこの心
心を何にたとえよう
一人ぼっちの寂しさを
 
 
 
在近黃昏的雲層上   總是孤單飛翔著
老鷹應該很悲傷吧
在無聲無息的風中   抓住天空的它的羽翼
無法休息
把心比喻成什麼好呢   像老鷹般的這顆心
把心比喻成什麼好呢   在空中飛舞的悲傷

在細雨飄落的岩石邊   總是小小的開著
花朵應該很痛苦吧
在色彩迷濛的雨中   淺粉紅色的花瓣
無人撫摸
把心比喻成什麼好呢   像花朵般的這顆心
把心比喻成什麼好呢   受風吹雨打的苦痛

在無人煙的野徑上   和我並肩行走著
你也一定很寂寞吧
在蟲兒低喃的草原   一起前行的人們
無話可說
把心比喻成什麼好呢   單獨前往的這顆心
把心比喻成什麼好呢   孤獨一人的寂寞
    
          
            
  
相簿設定
標籤設定
相簿狀態